So-net無料ブログ作成

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦 舞台挨拶ライブビューイングの感想 【2017年37本目】 [映画]

評価 5(Blu-ray買いました)
客層 38年前のファーストガンダムを知っている世代と、10代~20代男性も多い
サイズ 19:9TVサイズ(上映はビスタサイズ、スクリーンはシネマスコープサイズ)
劇場 新宿ピカデリー

ネタバレ注意です。

DSC_1022.JPG

DSC_1021.JPG

舞台挨拶付きでした。
DSC_1028.JPG

撮影が許されたのは本人退場後に、挨拶があったご本人達のアニメでの映像でした。
ギレンザビ
シャアアズナブル
アムロレイ
カイシデン
この4名と安彦良和さんの舞台挨拶がありました。

38年前が、キーワードになっていました。

38年前のお話が聞けて良かったです。

今回の作品は38年前以上に若い役になっているので、それぞれの声優の方々が苦労されたようです。

映画本編でも違和感無く見る事ができました。

ギレンザビ役の方が最後に「ジークジオン」を客席の方々と3回言って終わりました。

実は38年前当時は、ヤマト派だった事もあり、リアルタイムでファーストガンダムを見ていませんでした。

38年前は友達の家でファーストガンダムを見ていた事もありましたがどうにもこうにも馴染めませんでした。


自分がガンダムにハマったのはゼータガンダムです。

ゼータガンダムは高校時代に放映され、ガンプラ作りが流行っていました。

未だにゼータガンダムのガンプラは作っています。
アムロレイ専用機ディジェが買ったまままだ作ってません(笑)


同じ高校にエマシーン役の声優さんがいて、当時は挨拶だけしました。
声がエマシーンで感動しました。


本編感想は、Blu-ray買ったのでまた更新します。

まずBlu-rayの箱です。昔のLPジャケットサイズです。

DSC_1039.JPG

中を開けると
DSC_1043.JPG

シャアのセル画のようなものが入ってます。

DSC_1044.JPG

次にこれ

DSC_1045.JPG


やっとBlu-rayが見えて来ました。

ヤマト2202もこのくらい特典付けて欲しいな。



さて、本編感想です。
モビルスーツの動きが、ジオリジンが1~5になって行くうちに、どんどん良くなっています。
コロニーを地球に落下させる作戦の中にも、恋人同士が登場する事によって切ないものに出来上がっています。
タイタニックの映画で、ただ沈没させるのてはなく恋人同士を登場させる事で切ない思いを感じさせる手法だなと思いました。
コロニーでの毒ガス作戦は殺戮です。
コロニーで雪を降らす手法も好きですが、やっぱり切ないです。
ラグランジュポイントを離れて地球へ向けて落下します。
ファーストガンダムでも言っている地球の人口の半数が死にます。
ミネマザビも赤ちゃんで登場です。
ゼータガンダムではハマーンカーンに教育されてしまっています。
セーラさんですが、看護師として登場します。
髪型がずっと変わらないのがいいです。
ニュータイプぶりも、怒りから銃を持った時に出ていたと思います。
テキサスコロニーからどのように脱出して地球連邦軍に入ったのは次回作までわかりません。
シャア専用機の赤いモビルスーツ、赤色がとてもいい色で再現されています。
3倍速いザクカッコいいです。
360°スクリーンじゃないのがメカニカルでいいです。
ゼータガンダムからは座席のみが映し出され、全天球マルチモニターになっています。
ギレンサビの狂暴的な感じも、敵の指導者としての役割として十分な感じでとてもいいです。
戦艦での戦闘シーンは宇宙戦艦大和2202に近いものがあります。
戦艦のメカニックデザインが違うだけかな。
ネタバレあまりしないように書いてますが、今回のジオリジンはとてもいいです。
ブライト艦長は次回作からかな
誕生赤い彗星を楽しみにしています。
画像の年が間違ってますね


DSC_1034.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

ワンダーウーマン(IMAX・3D・字)の感想 【2017年36本目】 [映画]

評価 4(機会があればもう一度観たい)
客層 20代、30代多い
サイズ シネマスコープ(スクリーンはビスタサイズなので、上下に黒帯あり)
字幕 白 筆記体
劇場 東宝シネマズ新宿

ネタバレ注意です。
女性の格闘シーンは大好きなので、とても満足の行く内容でした。

女性だけの島で、格闘訓練しているシーンは今までの映画ではあまり無い感じなのでとてもいいです。

城の外観や内装もいいです。

家ではちょうどドラクエ11をやっていて、ドラクエを思い出すようなシーンも多々ありました。

愛がテーマになっていて、これを最後まで貫いているので見ていて爽快感がありました。

ドラクエ11のネタバレになってしまいますが、裏ボス倒す前後はこちらも愛がテーマになっています。


最近のマーベルにしては珍しく他のキャラが出てないので、これも評価高いです。

もう一回くらい観てもいいかなと思いました。

女性が格闘する繋がりで、チャーリズエンジェルの新作出てこないかな~

DSC_1011.JPG

DSC_1005.JPG

DSC_1006.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の感想 【2017年35本目】 [映画]

評価 3
客層 10代、20代多い
サイズ ビスタ
劇場 東宝シネマズ渋谷

ネタバレ注意です。

最近のアニメ映画は時間を越えるような映画が多くなってきたな~という実感しました。

昔は時間を飛び越えると新鮮でしたが、それが続くと、またか~と思ってしまいます。

電車に飛び乗るシーンが印象的です。

電車乗ってからの、瑠璃色の地球を歌うシーンが特に印象に残りました。

広瀬すずさんの、瑠璃色の地球を聴きたくて、この映画を見ました。

昔の松田聖子さんのアルバムはほぼコンプリートしているので、家に帰ってから松田聖子の瑠璃色の地球を聴きました。

DSC_0998.JPG

DSC_1001.JPG

瑠璃色の地球はアルバムSUPREMEの10曲目です。

DSC_1002.JPG



nice!(1)  コメント(0) 

スパイダーマン:ホームカミングの感想 【2017年34本目】 [映画]

評価 3
客層 20~40代多い
サイズ シネマスコープ
字幕 白 ゴシック体
劇場 東宝シネマズ渋谷

ネタバレ注意です。

スパイダーマンの過去作品は全て見てますが、今回のスパイダーマンは、アイアンマンのトニー・スタークの手下です。

アイアンマン好きにはたまりませんが、スパイダーマンの根本的な事が何か抜け落ちているような気がしました。

マーベルは、他のキャラクターを出してくる作品が増えてしまい、最近のマーベル作品は(個人的な意見ですが)ぐだぐだ感があります。

アイアンマンはアイアンマンだけ!
スパイダーマンはスパイダーマンだけ!
にして欲しいです。

ヒーローの重複は、必ずどっちが強いのか考えてしまいます。

本題のスパイダーマンですが、スパイダーマンになるきっかけがいまいちです。

蜘蛛の要素をもう少し出して欲しかったです。

正義のために戦うという悩みも感じられませんでした。

ただ、最新のCGなのでいろんなところが進化しています。

見ごたえはあるので、初めてスパイダーマンを見るという方にも、とてもオススメです。

DSC_0986.JPG

DSC_0983.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...